雨漏りを改善する方法を知ろう~住宅トラブル救世主~

芝生と家

修繕作業に必要なこと

外観

極端な話、今あるものを壊して新しく作りなおしたほうが手っ取り早いのですが、予算も必要になりますし完成までに時間も必要になりますから、なかなかできるものではありませんよね。もし、雨漏りが起こった場合は屋根に原因がある場合がほとんどです。瓦屋根は、40年以上もつと言われていますがやはりその時時の状況によって、その期間は変化していきますよね。時には、瓦部分の破損が原因で雨漏りが起こってしまうこともあります。そして、コンクリート製の建物であれば、瓦は使われていませんがコンクリートの劣化などによってこの雨漏りも起こってしまいます。そして、実はこのコンクリート製の建物の雨漏りは、一概に屋根部分の問題が原因担っているとはいえないものなのです。コンクリートが材質となっているものは、年月の経過によってクラックと呼ばれる現象が起こります。このクラックとは、ひび割れのことですね。クラックは、材質の経年劣化によって引き起こされるため、年数が経過するに連れて起こる確率は高くなっていきます。そして、このヒビ割れの隙間から、雨水が徐々に染みこんでいき少しずつ内部に浸透していきます。水は、少しの隙間でも染みこんでいきますので、クラックのような小さなひび割れでも水分が内部に到達し、そこから雨漏りへと変化するのです。その場合は塗装も行なうと良いでしょう。もちろんこの効果は永続するものではありません。修理後も定期的に点検やメンテナンスを依頼することをおすすめします。